« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月30日 (火)

阪急と阪神が統合へ

遂に、阪急と阪神が統合へ(?)と、TOBが成立するかしないかにかかっていますが、阪神タイガースファンにとっては、とても他人事ではありません。

そして、6月16日が期限ということで、その結果次第では、阪急タイガース、そんなバカなことはないとでしょう、ないですよね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月29日 (月)

若貴兄弟、1年ぶりの対面

男兄弟、小さい頃は無邪気に遊んだりするんですが、大人になってしまうと、お互いが向かい合っても話すことなど何もなくなってしまいます。

別に、イヤだとか嫌いだとか言うわけじゃないんですが、男兄弟って不思議なものだと思うんですが、そこに別の要因が入ると、余計にややこしくなってしまうことがあります。

若貴兄弟、いっしよに食事をしただけでも、仲直りは終わってしまっているんじゃないかと思ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月27日 (土)

人気は阪神に軍配

26日にインボイス西武ドームで行われた西武対阪神は三塁側内野席、左翼外野席がほぼ埋まり、24176人を記録、同じ平日、金曜日の12日に行われた西武対巨人は20372人だった。

ホーム球場での観客動員はスゴイ人気の阪神タイガース、改めてアウェイ球場での観客動員力が讀賣ジャイアンツを上回ったということで、プロ野球界へのジャイアンツの影響力も影を潜めることになるハジマリなのかなと思ってしまいました。

ワールドベースボールクラシックの影響はほとんどなかったといってもいいほどに観客動員には結びつかなかった世界一のヤキュウですが、結局は「野球」なんだと納得してしまいました。

国民のものではないスポーツ「プロ野球」に、WBCで感動を味わった「ヤキュウ」を求めるのはムリなことなのかもしれません。

「阪神タイガース」は、あくまでも企業のものであって、決してファンのものではありません。

例えば、「大阪タイガース」なんて応援するのにも力の入り方が違うんではないでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月23日 (火)

日本人という国民性について

Jヴィレッジのサポーターのマナーの悪さが報道されているのをみると、クロアチアでの日本取材陣のマナーの悪さが浮かんでしまいます。

日本人は、国内でも、国外でもマナーが悪い国民なんだと思ってしまい、「旅の恥は掻き捨て!」、意外といいコトバなのかもしれません。

注意をしたら、けんちん汁に異物混入、気に入らないと22枚のガラスを割る、日本はどうなってしまったんでしょうか?

子どもたちが、安心して通学できる環境の整備が急がれる最近の凶悪事件です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月21日 (日)

あの頃はオールナイトニッポン

35年前の受験生時代、ビタースィートサンバがトラジスタラジオから聞こえてきたら、受験勉強をするのも忘れて、ワクワクして聞いていたものでした。

ライブドア問題で、あの頃のDJ亀淵さんが有名になりましたが、最近のラジオ番組で、オールナイトニッポンを振り返るという番組を聴いたので懐かしくなってしまいました。

地元のAM局は、午前0時30分に放送を終了していましたので、直接ニッポン放送の電波を、苦労しながら、時にハガキも書いていました。

しかし、今は「ラジオ深夜便!」を聞きながら眠りについています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月19日 (金)

吉野家の牛丼なら、毎日でも食べたいです。

米国産牛肉の輸入再開について、6月に合意がされて、7月にも日本に届くということで、その安全性についての議論がされたのか疑問を抱いています。

日本人ですから、コメは毎日食べなければなりませんが、牛肉は3年に一度でも何ら問題はありません。

しかし、吉野家の牛丼なら、毎日でも食べたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月17日 (水)

ニラとスイセン

ニラ、そんなに好きな食べ物ではないんですが、おかずに添えられていると妙に美味しく感じられるものです。

ニラとスイセンは、見た目が似ているということで、自庭に生えているスイセンをニラと誤って調理した方が食中毒で入院したことが報道されていましたが、スイセンには毒があるということの方が、私には驚きでした。

そういわれてみれば、ニラとスイセンを並べられると区別が出来るかどうかは自信がありません。

「美しいものには毒がある」ということで、妙に納得してしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月14日 (日)

母の日に

もう、素直には「ありがとう」と言えなくなってしまいましたが、久しぶりに母の姿を見ながら、その背中に「ありがとう」のコトバを繰り返していました。

何歳になっても、心配をしてくれる母の姿に、ちょっと涙がにじんできました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月13日 (土)

ゴジラ松井の戦線離脱

11日に行なわれた対レッドソックス戦での松井秀喜外野手の左手首骨折による戦線離脱は、ワールドベースボールクラシック出場辞退以上に大きな衝撃となって報じられました。

ゴジラ松井のいなくなったメジャーリーグなんて、その興味が半減してしまいますが、そのことを察したかのように、NHKBSでの大リーグ中継も、松井秀喜外野手中心のプログラム編成の見直しを余儀なくされました。

婚約者(?)の戸田菜穂さんは、映画の撮影が入っていて、スケジュール調整ができないということで、それでも、お見舞いには出かけていきそうですが、一刻も早い、ゴジラ松井の復活を期待いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年5月 7日 (日)

GW・憂鬱な最終日

あまりにも長すぎたゴールデンウィークの5連休が、遂に終わってしまいます。

50歳を過ぎてしまうと、一旦、休みモードに入ってしまったギアを、仕事モードに切り替えるのは、想像以上のもがあります。

今夜あたりから、徐々に体のギアを上げていかないと、明日の朝はタイヘンなことになってしまいます。

さぁ、とはいってみても、思うように体は動くものではありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 5日 (金)

国も命名権ビジネス

横浜国際競技場が「日産スタジアム」、県営宮城球場が「フルキャストスタジアム宮城」など、各自治体の命名権ビジネスが、ある程度の成功を収めているということで、国も検討を始めたということで、国立競技場、レインボーブリッジなども候補にあがっているそうです。

もしかして、赤字の本州と四国を結ぶ三橋も、明石海峡大橋が企業名になるなんてことも冗談じゃなくなるんでしょうか。

まぁ、そのことによって、いくらかでも通行料金の値下げに結び付けていただければとは思います。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2006年5月 3日 (水)

6分間短縮されたプロ野球

今季のプロ野球の試合時間が6分間短縮されたというNEWSを読んだのですが、とにかく長い、本当に長いプロ野球の試合、テレビの中継時間内に収まらないのは、あまりテレビ向けのスポーツとはいえないんじゃないでしょうか。

特に、人気がなくなってしまい、地上波のテレビからも敬遠されがちになってしまっているプロ野球、何らかの改革も必要になってくるのではないかと思います。

そこで、ひとつの提案なんですが、9イニング制は維持しながら、試合時間が2時間を経過したら、新しいイニングに入らないなんていうのはいかがなものでしょうか?

何て、バカなことをいっているんだという方がおられると思いますが、そんなことをいっていると、プロ野球はコアなファンしかいなくなってしまう、そんなことを思ってしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »