« 日本人という国民性について | トップページ | 若貴兄弟、1年ぶりの対面 »

2006年5月27日 (土)

人気は阪神に軍配

26日にインボイス西武ドームで行われた西武対阪神は三塁側内野席、左翼外野席がほぼ埋まり、24176人を記録、同じ平日、金曜日の12日に行われた西武対巨人は20372人だった。

ホーム球場での観客動員はスゴイ人気の阪神タイガース、改めてアウェイ球場での観客動員力が讀賣ジャイアンツを上回ったということで、プロ野球界へのジャイアンツの影響力も影を潜めることになるハジマリなのかなと思ってしまいました。

ワールドベースボールクラシックの影響はほとんどなかったといってもいいほどに観客動員には結びつかなかった世界一のヤキュウですが、結局は「野球」なんだと納得してしまいました。

国民のものではないスポーツ「プロ野球」に、WBCで感動を味わった「ヤキュウ」を求めるのはムリなことなのかもしれません。

「阪神タイガース」は、あくまでも企業のものであって、決してファンのものではありません。

例えば、「大阪タイガース」なんて応援するのにも力の入り方が違うんではないでしょうか?

|

« 日本人という国民性について | トップページ | 若貴兄弟、1年ぶりの対面 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138139/10257280

この記事へのトラックバック一覧です: 人気は阪神に軍配:

« 日本人という国民性について | トップページ | 若貴兄弟、1年ぶりの対面 »